コンポジットテクノ Fire Express BX70【JPモデル 工賃込み】

2014年に"ProtoType 2014"として販売されたシャフトです。
2015年3月2日より名称をBX70として品番化されます。

初期prototype(現TP-V)は4軸シートが全レングス巻かれFireExpressの代表作となりました。
BX70は4軸シート二重巻きとなり更に縦横斜めからの力に強い構造となっています。
それにより強い加えられた力にも対応できる。

特にヘッドスピードの速い方に向けて作られたシャフトです。
ヘッドスピードが速ければシャフトが必要以上にしなってしまい球筋のブレにつながってしまいます。
球を安定させるためにシャフトのフレックスを上げることが一般的ですが、この"BX70"ではシャフトの素管を強くすることでシャフトのしなりを残して、しなり戻りを安定させています。

F0〜F4までの5フレックス用意されてますが、一番柔らかいF4でもヘッドスピードは45m/sぐらいは必要です。
当店の試打クラブでF3を装着したクラブが振動数275cpmありましたのでXとXXの間ぐらいの感じです。

コンポジットテクノ Fire Express BX70【JPモデル 工賃込み】

【メーカー:グリップ名】:グリップを選択してください
【アッセンブル:追加金額】組み立て工賃込み注文
【シャフト挿し向き】ロゴ上向き
【グリップ挿し向き】上向き
【希望レングス】one2oneにおまかせ
【希望バランス】one2oneにおまかせ
【グリップ下巻き】らせん巻き1枚(推奨)
【旧シャフト】廃棄
¥50,100
グリップ名
グリップとは
組み立て
シャフト挿し向き
シャフト挿し向きとは
グリップ挿し向き
グリップ挿し向きとは
希望レングス
希望レングスとは
希望バランス
希望バランスとは
グリップ下巻き
グリップ下巻きとは
旧シャフト
リシャフトクラブ
※リシャフトをされるクラブを記入ください。
その他ご要望
商品詳細