三浦技研 CB2008 アイアン

2017年2月25日リリース

人気を博したCB1008アイアンは今までの1000番台アイアンでは最も易しい設計でした。

1000番台が少し易しくなったのに合わせて今回の2000番台アイアンCB2008も2000番台アイアンのなかでは最も易しい設計となっています。

三浦技研がこのCB2008を製作するにあたりポケットキャビティを形成させるために溶接機を購入し、三浦技研の特長でもある軟鉄鍛造をフェイスとネックに使用し打感の優れたポケットキャビティを国内生産できるようにしています。

ポケットキャビティは一般的にステンレスの鋳造で作られるのですが、オールステンレスだと打感が硬くなったり、ライ・ロフト角の調整が出来なくなってしまいます。三浦技研はボディにだけステンレスを使用する軟鉄との複合素材でヘッドを形成することで打感の良さとネックの角度調整ができるようにしています。

複合素材を使ったポケットキャビティは#5ー#8までで#9とPWに関しては軟鉄鍛造キャビテイとなっています。
※一種のコンビネーションアイアンです。

アイアンとしては今までのスタンダードキャビティが主力であった2000番台の品番を持ちますが形状はポケットキャビティとなりバックスピン量をおさえながら高いボールが打ち出せる設計となっています。フェイス素材が軟鉄であるためPP-9005Gのようなステンレスフェイスに見られる弾き感は少なく、飛びの要素としてはPP-9005Gには及びませんが打感に関してはステンレスより軟鉄の方が勝ります。

大手量産メーカーとは一味も二味も違う国産複合素材ポケットキャビティをご体感ください。

CB2008はセット販売ではありませんので自由に番手選択が可能です。

複合素材ですのでヘッドカスタムについても制限があります。他の軟鉄鍛造アイアンほどの選択が不可となっています。

三浦技研 CB2008 アイアン

【フェイス形状】【A0】スタンダード
【ソール形状】【B0】スタンダード
【トップライン】【C0】スタンダード
【ロフト角】【0】スタンダード
【ライ角】【0】スタンダード
【FP値】【0】スタンダード
【バウンス角】【0】スタンダード
【メッキ/仕上げ】【D00】スタンダード
【刻印色】【00】スタンダード
【イニシャル】イニシャル刻印無し
【イニシャル色】イニシャル刻印無し
【メーカー:シャフト名】:シャフト選択してください
【メーカー:グリップ名】:グリップを選択してください
【アッセンブル:追加金額】組み立て済み(完成品渡し)
【シャフト挿し向き】ロゴ上向き
【グリップ挿し向き】上向き
【希望レングス】one2oneにおまかせ
【希望バランス】one2oneにおまかせ
【グリップ下巻き】らせん巻き1枚(推奨)
¥21,600
フェイス形状
ソール形状
トップライン
ロフト角
ライ角
FP値
バウンス角
メッキ/仕上げ
刻印色
イニシャル
イニシャル色
番手
#5   #6   #7   #8   #9   PW   
シャフト名
シャフトとは
グリップ名
グリップとは
組み立て
シャフト挿し向き
シャフト挿し向きとは
グリップ挿し向き
グリップ挿し向きとは
希望レングス
希望レングスとは
希望バランス
希望バランスとは
グリップ下巻き
グリップ下巻きとは
その他ご要望
商品詳細