軽撃区 ゆるり MH-1112 CNC Irons

KM-0107より小顔の設計になっているのがこのMH-1112です。
小顔と言っても主にトゥ側の高さは低くなっていますので”面長”と表現した方がいいのかも知れません。

スィートスポットの裏側はキャビティにせず肉を残し、芯をとらえた時の打感を向上させる設計となっています。

このCNCのシリーズは軟鉄を鍛造でず、CNCマシンによりインゴット(鉄塊)より削り出されています。

CNCマシンはコンピューターで制御され先の細かいドリルによって削られるのでキャビティ内でもこれだけ角の立ったデザインが可能となっています。

バックファイスには山型に斜めに隆起した部分は日本の高度なCNC技術が用いられています。

#5-PWまでの6本はセット販売となっています。ご注文時には必ず#5□-PW□にはチェックを入れてください。
#4は単品でもご注文できます。

2010 New Gloove rule confirming
Made in Japan

軽撃区 ゆるり MH-1112 CNC Irons

【メーカー:シャフト名】:シャフト選択してください
【メーカー:グリップ名】:グリップを選択してください
【アッセンブル:追加金額】組み立て済み(完成品渡し)
【シャフト挿し向き】ロゴ上向き
【グリップ挿し向き】上向き
【希望レングス】one2oneにおまかせ
【希望バランス】one2oneにおまかせ
【グリップ下巻き】らせん巻き1枚(推奨)
¥22,680
番手
#4   #5   #6   #7   #8   #9   P   
シャフト名
シャフトとは
グリップ名
グリップとは
組み立て
シャフト挿し向き
シャフト挿し向きとは
グリップ挿し向き
グリップ挿し向きとは
希望レングス
希望レングスとは
希望バランス
希望バランスとは
グリップ下巻き
グリップ下巻きとは
その他ご要望
商品詳細