Grandista RS-001 TypeS

ドラコン選手・プロコーチとしての肩書も持つ吉田一誉氏が完全監修。

見た目は上級者向けの難しそうなヘッドだが打つと以外に簡単。
製作者の吉田一誉氏の言葉を借りると「オオカミの皮をかぶった羊。」

ヘッドの設計においてはRS-001と同じです。
このTypeSはフェイス素材を「SP700」に変更したモデルとなります。

前作のDAT55は大同特殊鋼の開発したβ型チタン合金が使用されていました。DAT55はとても剛性が高く弾き系のチタン合金です。

今回TypeSに採用されたSP700は素材としてはチタン合金で最も代表的なTi‐6Al‐4V合金に比べきめ細かい組織を持ち、フェイス材としてヘッドに使用した場合、球がフェイスにのる時間が長くなり打感が柔らかく感じられます。

カーボンクラウンでの打球音も前作に比べて少し音を低くしました。

リアルロフトはメーカー在庫の中から選ぶことができます。
9°表示(リアルロフト8.8-10.0°)
10°表示(リアルロフト10.0-11.0°)

反発係数を示すCT値257、いっぱいいっぱいの設計を行い最終検品時に257を超えるR&Aルールに違反するヘッドは販売を行っていません。

ヘッド単体重量は185-189gです。それに2っウエイトスクリューが加わります。(2g,4g,6g,8g,10g)ウエイトはご希望のバランス、レングスに合わせて当店で計算させていただきます。

9°10°含めて月産100個程度ですのでご注文いただいてからヘッド入荷までお時間いただく場合があります。

※ヘッド単体での販売は行っておりません。ご注文の際は必ずシャフトとヘッドのご選択をお願いします。

Grandista RS-001 TypeS

【番手/ロフト】9度
【メーカー:シャフト名】:シャフト選択してください
【メーカー:グリップ名】:グリップを選択してください
【アッセンブル:追加金額】組み立て済み(完成品渡し)
【シャフト挿し向き】ロゴ下向き
【グリップ挿し向き】上向き
【希望レングス】one2oneにおまかせ
【希望バランス】one2oneにおまかせ
【グリップ下巻き】らせん巻き1枚(推奨)
¥64,800
番手/ロフト
シャフト名
シャフトとは
グリップ名
グリップとは
組み立て
シャフト挿し向き
シャフト挿し向きとは
グリップ挿し向き
グリップ挿し向きとは
希望レングス
希望レングスとは
希望バランス
希望バランスとは
グリップ下巻き
グリップ下巻きとは
その他ご要望
商品詳細