Baldo Prototype CB15 ハーフキャビティ アイアン

2016年11月リリース
アイアン2機種とウエッジ1機種が同時リリースとなっています。

一応キャビティ形状はしていますが、キャビティ部分は非常に浅くほぼマッスルバックに近いハーフキャビティです。

「逃げ顔」と言われるつかまり過ぎないイメージのフェイスで、ストレートネックが採用されています。

厚い打感とコントロール性の高いアイアンです。

ロフトは今では主流となりつつある「ちょいストロング」になっています。
ウエッジは50°と56°または58°のセットがお勧めです。

ソールのトゥ側にスクリューウエイトが取り付けられています。これはヘッド重量のバラつきをおさえるために工場で付けられるもので、後から取り換えするためのものではありません。

セットは#4からでも#5からでも、それから#6からPWの5本セットでも指定可能です。

S20C軟鉄鍛造

Baldo Prototype CB15 ハーフキャビティ アイアン

【スペック3】新溝(2010年ツアールール適合)
【メーカー:シャフト名】:シャフト選択してください
【メーカー:グリップ名】:グリップを選択してください
【アッセンブル:追加金額】組み立て済み(完成品渡し)
【シャフト挿し向き】ロゴ上向き
【グリップ挿し向き】上向き
【希望レングス】one2oneにおまかせ
【希望バランス】one2oneにおまかせ
【グリップ下巻き】らせん巻き1枚(推奨)
¥20,520
溝とは
番手
#4   #5   #6   #7   #8   #9   PW   
シャフト名
シャフトとは
グリップ名
グリップとは
組み立て
シャフト挿し向き
シャフト挿し向きとは
グリップ挿し向き
グリップ挿し向きとは
希望レングス
希望レングスとは
希望バランス
希望バランスとは
グリップ下巻き
グリップ下巻きとは
その他ご要望
商品詳細