三菱レイヨン

MitsubishiRayon三菱レイヨンもグラファイトデザイン同様クラブメーカーのOEMによって技術とマーケティングデータを蓄積しています。
'S-Trix'という括りでショックウエーブ シリーズをリリースしていましたが、2004年の'Diamana'(ディアマナ)登場により大きくメーカーイメージがかわりました。ショックウエーブはどちらかと言うと'通好み'のシャフトで鋭い印象はないが、とても扱いやすさのあるシリーズでした。
'Diamana'(ディアマナ)はご存知の通りツアープロに照準を当てられ競技志向のゴルファーに向けて開発されています。
'Bassara'はデイアマナのデータを基に軽量化されたシリーズです。
どちらのシリーズも'しっかりスイングされる方'を対象としている点ではメーカーの考えるターゲット層は明確で、藤倉ゴムのように端から端まで隅々に対応できるメーカーと言うよりはっきりしたメーカーカラ−をもって商品リリースを行っています。

三菱レイヨン シャフト商品一覧