• HOME
  • カスタムクラブのススメ

リシャフト・カスタムオーダークラブのススメ

100人いれば、100通りのスイング。

リシャフトのススメ同じクラブを使用しても、身長・体重・筋力・運動能力が同じ方はいません。
ゴルファーそれぞれが、独自のスイングを求めるのは当然です。
あなたは「どのクラブが自分に合っているのだろう?」と疑問を持たれたことはないでしょうか?簡単に考えてゴルファーは100〜1,000万人?
しかし、ゴルフクラブの種類はせいぜい1000種類ではないでしょうか。
上記の数字からですと、ゴルフクラブを探す際、「どこかに自分に合ったクラブがある」と信じて試行錯誤されている方のほとんどは、市販されている商品では自分に合ったクラブは見つからないことになります。

無駄遣いしないためにクラブを作る!

例1

第一はクラブ13本の流れを整える為です。

「今日のラウンドはウッドの調子は良かったんだけど、アイアンが上手く打てなかった!」またはその逆で「アイアンは良かったけど、ウッドがダメだった!」こんな経験はありませんか?
この様な場合、ウッドとアイアンのセッティングが異なるために必要とされるスイングが違うことが考えられます。
キャディバッグに2っのスイング存在する状態です。

リシャフトは 1っのスイングで全番手使えるようにするためのクラブ調整です。

クラブはドライバーからウエッジまで下記規則を持って並んでいます。
・ロフトがねていく
・シャフトが短くなる
・シャフトが固くなる
・総重量が重たくなる

規則を整えることで同じタイミングでヘッドが下りてくるようになりますので、1っのスイングで全番手使えるセットになってくれます。
例2

第二はタイミング作りや打球性質の変更の為です。

シャフトの性質を選ぶことで、ヘッドの下り方が変化します。
シャフト選びは「気持よく振りぬけること」

最大の飛距離と方向性確保はご自身のスイングを100%出せるクラブにあります。

「飛距離より方向性重視のシャフトにリシャフトしたら飛距離が伸びた」とのお声はよく聞かせていただくことです。
今までは曲がることを恐れて80%のスイングで振ってられた方です。

個性が光るパーツメーカー

三浦技研

もう日本一軟鉄鍛造にこだわったパーツメーカー言えるだろう。品番ごとに鉄の素材にいたるまで吟味され、姫路にある自社工場でたたきあげられる鍛造ヘッドは正真正銘のメイドインジャパン。
Epon Golf

言わずと知れた上場企業である遠藤製作所のハウスブランドである。生産はタイにある600人規模の自社工場で行われる。企業コンプライアンスも高く、完全管理された組織から完全無日な製品が市場に送り出される。
Ryoma Golf

元々航空機用に開発されたチタン開発会社であった他社にはない高弾性チタンを武器にゴルフクラブの限界に挑戦しているメーカー。極薄ボディをたわませてボールを飛ばします。
Roddio

ダイワの子会社としてオノフ、フォーティーン、SYBと同じグループ企業となり、生産及び商品品質は申し分ない。2013年からのヘッド製造開始とまだまだ知名度が低いが、独創的なコンセプトを打ち出し、また商品完成度も高い。
Proceed

大阪を拠点とするパーツメーカーです。
ストレートなフェイスラインで嫌みのない顔付きが設計コンセプトである。製造量が少なく商品欠品する場合があり、在庫確認が大切。
ゆるり

海外に日本の物作りの品質の高さをアピールする、とのコンセプトで作られている会社です。マーケット戦略が全く他社とは異なり、売上のほとんどを海外マーケットで構成しているユニークなブランドです。
ZiZi

当店技術顧問の福井氏が全て一人でグラインドする完全手作りクラブです。特にウエッジを主に手掛けられています。他社ではできない細やかな注文が可能です。
Zodia

主に大手メーカーのマスター(原型)をグラインドしている千葉氏がすべて一人で削りだす自社製品です。「荒研磨」と呼ばれる細かいヘアーラインをあえてヘッドに残す技法が特徴です。